HYOGO.FC  SINCE1985

    

第39回全日本少年サッカー大会報告

ジュニアサッカー  賢者の知恵

サッカー少年の貧血病


鳥取KFC・兵庫FC、姉妹クラブとして提携しました!!!
チームの交流を活発化させ、地域貢献・指導者・選手の育成に取り組みます。

◇◇

第6回兵庫県U−10フットサル大会東播地区予選
兵庫FC Aチーム  予選リーグ  1位
2−0 アミティエ
3−0 神野SC
12−1 平岡北B
10−0 加古川たんぽぽ

兵庫FC Bチーム  予選リーグ1位
8−0 荒井FC
3−2 平岡北 A
10−2 陵北
1−1 播磨

決勝トーナメント
兵庫FC A 2−1 播磨
兵庫FC B 5−2 アミティエ

決勝
兵庫FC A 2−4 アミティエ
県大会出場を決めました。

第40回関西少年サッカー大会inJグリーン堺
準決勝
兵庫FC 1−2 ディアブロッサ高田
前半3分、右サイドから強烈なシュートを決められる。
その後、兵庫FCの選手は、気持ちを切り替え、猛反撃。
決定機を何度か作り、片山のシュートで同点。
後半、一進一退の試合内容。
見応えのある試合展開に。
しかし、終了間際、左からのクロスボールを、オウンゴール。
高田の安定した試合運びは、兵庫の選手にも大きな影響を与えてくれるだろう。
関西大会試合結果
兵庫FC  1−1 アミティエ
兵庫FC  6−0 デポルターレ和歌山
兵庫FC  3−0 西京極FC

第40回兵庫県少年サッカー大会4年生の部
東播地区予選 敗退
兵庫FC 0−1 SCクリボーネ
試合を見ていないが、個人的には、あり得ない試合結果。
選手のレベルを考えると首をかしげたくなる。
でも、それがサッカー。
この結果を次につなげたい。


第8回関西スーパーカップ兼第49回兵庫県少年サッカー大会
7月18日(月)
準決勝
兵庫FC 1−4 ヴィッセル神戸
先制したが、大逆転負け。
見事に負けました。指導者の力不足。
11月の全国大会予選までに、チームの立て直しを図りたい。
頑張ってくれるだろうか?



7月9日(土)10日(土)

三木防災公園サッカー場にて行われた。
予選リーグ。
兵庫FC A・B両チームは、予選リーグを勝ち上がり、
決勝トーナメント進出。
Bチームは、ヴィッセル神戸を相手に、前半、大健闘。
しかし、後半3点を許し完敗。
選手間のコミュニケーション能力が高く、今後が楽しみ。
Aチームは、順当に勝ち上がり、ベスト4進出。
Bチームの分まで、頑張ってほしい。


◇ 第16回山本実杯 
兵庫FC Aチーム 優勝
5月21日(土)〜22日(日) 於 播磨光都G
決勝戦 兵庫FC A 3−0 兵庫FC B
Aチームは、トレセン組6名が居ない中での戦い。
Bチームは、決勝対決、3連敗を阻止する絶好のチャンス。
激しい戦いで見応えのある試合。
しかし、Aチームのフィジカルの強さに完敗。
カバーリング・連動性・相手の攻めに対する読み
Bチームの選手の賢さが光っていた。
体の成長がすこし、遅いだけ。
着実に育っている。


◇ 第49回兵庫県少年サッカー大会 東播地区予選
兵庫FC A   優勝

4−0 ひおかSC
1−1 PK 加古川神野
7−1 平岡北SC
7−0 兵庫FC B

兵庫FC B  準優勝
フェアプレー賞  いただきました。

5−0 アミティエ東播磨
3−1 SCクリボーネ
1−0 パルセイロ稲美
0−7 兵庫FC A

◇  第26回バーモントカップ 東播地区予選  優勝
予選リーグ
10−0 平岡北C FC
6−1 荒井FC
7−0 加古川たんぽぽ B
4−0 陵北FC

順位決定戦
5−0 加古川たんぽぽ A
決勝リーグ
6−0 平岡北FC
2−0 加古川神野


◇  第22回関西小学生 東播地区予選
準決勝敗退
チーム結成当時以来?  こんなに早く負けるのは。
安定感のないチームであることは十分承知していた。
しかし、素晴らしい試合を展開し、勝利をもぎ取る力のあることも承知している。
招待大会初日、
「いいチームですね。」
と声をかけられるが、2日目に、惨敗。
こんな状況になることも聞いていた。
1月4日、久しぶりに見たチーム。
こんな結果があることも、予測できた。
そうならないために、4.5.6日、必死に子供たちに、指導した。
よくなりかけていたが、6日、FWの選手が負傷。戦線離脱。
9日、大会初日。
事務所に選手を集めて、一からやり直しのミーティング。
1試合目は素晴らしい内容で快勝。
2試合目、何も変わっていないのに、試合内容はめちゃめちゃ。
10日、再度、ゲームプランの説明と練習。
11日、準決勝を迎えたが、朝からトラブル。
朝、私がグラウンドに着くと、選手全員が、ユニホームに着替えることなく
座っている。
集合時刻から15分経過している。
この状況を見て、敗戦を覚悟。
ウォーミングアップの準備すらできていない選手に、正直がっかり。
敗れた試合は、開始30秒で失点。
10分を経過してから、少しずつ戦う気持ちが出てきたが、
ボールを持ってから周りを見て考える選手に、
相手チームを攻め落とせるわけがない。
残念ながら、勝つ要素は見られなかった。
この時期に、チーム・選手の欠点が出たことをよしとすべし。
今から十分修正できる。
この敗戦を、真摯に受け止め、自分のプレーを改善できるかどうかが、
今後の結果に直結する。
全国ベスト4は、君たちではなく、6年生。
君たちは東播ベスト4の実力。
自分の力を認識し、最善の努力をしよう。



◇ 第39回全日本少年サッカー大会 in 鹿児島
2015年12月25日〜29日
日本各地のサッカー仲間との交流が、この結果に導いてくれました。
有り難うございます。
これからも、みんなと一緒に成長させてください。

2016年  さらなる成長を目指して。


グッドマナー 賞






◇ 第42回兵庫県少年サッカー大会
4年生大会  優勝

12月12日(土)〜13日(日) 於 日岡山人工芝G
1回戦 兵庫FC 3−0 大和キッカーズ
2回戦 兵庫FC 4−0 やまてSC
準決勝 兵庫FC 5−1 尼崎南SC
決勝 兵庫FC 3−1 センアーノ神戸
久世の緊急入院というアクシデントはあったが、
選手全員でカバーし、
優勝
という目標を達成した。
素晴らしいチームに成長した4年生に敬意を表したい。



◇ 第39回全日本少年サッカー大会
出場選手

2年ぶり8回目の優勝
 3回戦 兵庫FC 2−0 高木SC
4回戦 兵庫FC 3−0 芦屋SC
準決勝 兵庫FC 3−0 西宮SC
決勝 兵庫FC 3−0 センアーノ神戸

小学校生活の中で、3回の全国大会出場機会があります。
JAチビリンピック
全日本フットサル大会
全日本少年サッカー大会
この3大会すべてに出場した選手・チームはなかなかいない。
強運の持ち主。
そして、一番よく練習した選手たちです。
年末忙しいですが、保護者の皆様、応援よろしくお願いします。
最後に、いつも胸を貸してくれる仲間のチームへの感謝。
いつまでも忘れることはありません。
これからもよろしくお願いします。

12月25日 開会式
12月26日〜29日



 
◇ 第48回兵庫県少年サッカー大会
  7回目の優勝です。
  準決勝  2−0 センアーノ神戸
   決勝  4−2 ヴィッセル神戸
  
◇ 第25回全日本少年フットサル大会(バーモントカップ)
  6年生優勝しました。
  バーモントカップは、5回目の全国大会出場となります。
  平成15年の全国準優勝以来、いい成績を残せていません。
  ベスト4には残りたいと思っています。
  その前にフットサルができるように頑張ります。

◇ 2015年4月13日(月)
 みき風の谷フットサルガーデン
 三木育成コースを開始しました。

◇ 昨年度、高校3年生の進路
 ヴィッセル神戸 山口 真司
 セレッソ大阪  阪本 将基

 大阪大学 本岡 渓
 関西学院大学 妻鹿 寛史
 同志社大学  高森 弘夢
 札幌大学歯学部  伊東 和樹
       歯学部  中川 健

一浪はしたが、目的を達成した先輩
 佐賀大学 医学部 中川 卓
 大阪大学 本條 太郎
 素晴らしい先輩の後を追いかけて、後輩が育っていきます。
 これからも、人生の勝利者を目指して頑張り続けてほしい。

◇ 加古川スクール送迎バス経路変更
2015年4月9日(木)より、送迎バスの経路が変わります。
明石の方がスクールに通えるようになります。ご検討ください。
現会員の方もご確認お願いします

◇ ボアソルチFC(三木市)と提携
 長い間、兵庫FCとボアソルチFCは友好関係を築きあげてきました。
 その信頼関係から、このたび提携することになりました。
 平日練習の指導、土日曜日の遠征・合宿等を合同で実施し、交流の機会を増やします。
 互いのチームが良い刺激を受けて、成長することを願っています。


◇ 2014年度東播リーグ
 決勝トーナメント
 4年生の部 2月14日日岡山G  優勝
 準決勝 兵庫FC  4−1 パルセイロ
 決 勝  兵庫FC  7−0 加古川神野SC

 
5年生の部 2月21日日岡山G
 準決勝 兵庫FC 9−0 パルセイロ
 決 勝 兵庫FC 1−0 FCクリボーネ

 6年生の部 2月22日日岡山G
 準決勝 兵庫FC 5−0 パルセイロ
 決 勝
 兵庫FC 4−0 加古川たんぽぽ

◇ 2015年1月1日
  
新年、開けましておめでとうございます。
  昨年は、多くのチームのお世話になり、
  兵庫FCのチーム並びに選手は成長する機会を
  与えてくれましたことに感謝申し上げます。
  本年も、昨年以上に選手とともに頑張ります。よろしくお願いします


◇ TOPチーム昇格のお知らせ
 
ヴィッセル神戸 山口 真司・セレッソ大阪  阪本 将基
 現高校3年生の両名は、兵庫FC出身の選手です。
 12月10日プロ契約完了の発表がありました。
 今後の活躍に期待しています。
  
 2015年1月3日 初蹴会 に来てくれます。

 U−18 高円宮杯 チャンピオンズシップ
 阪本選手が出場します。
  12月14日(日) 埼玉スタジアム
 西のチャンピオン     東のチャンピオン
  セレッソ大阪   VS   柏レイソル
 BS朝日 12:55〜 生中継
 19日(金) 深夜放送 6チャンネル 27:20〜

◇ 第47回秋季兵庫県少年サッカー大会
 東播地区予選
 4年・6年ともに優勝
 6年B 惜しくも3位  県大会出場ならず

◇ 7月12日(土) セレッソ大阪の天皇杯
  
兵庫FC出身の「 阪本将基 」 2得点の活躍。
  海外移籍の柿谷選手の後継者として注目。
  そんな新聞記事の見出し。
  試合前日、メンバー入りのメールが届いていたのだが…。
  今後の活躍が期待される。
  みんなでセレッソの試合を見に行こう。
  ヴィッセル神戸の山口選手の、試合出場ももうすぐ。

  

◇ 第38回全日本少年サッカー大会兵庫県  3位
  2年連続の8回目を目指していましたが、残念。
  
予選リーグ 
  兵庫FC 4−1 ダイナマイトFC
  兵庫FC 5−0 多井畑FC
  兵庫FC 5−1 コンパニエロFC
  決勝トーナメント
  兵庫FC 2−0 明石FC
  兵庫FC 0−0 西宮SS
       PK2−3
 
敗戦という厳しい現実に打ちひしがれ、ホームページへの掲載を忘れていました。
 7月、冷静に敗戦の分析をしています。
 西宮SSとの試合。内容的には、負ける試合ではなかった。
しかし、点が取れない。この部分については、個人に頼るチームであったため、
当然の結果かもしれない。一人の選手に頼っていたチーム?
おかしな話であるが、チームとしてどう点を取るかという戦術には至っていなかった。
2014年1月、5年生大会の東播予選は、完璧な試合内容で、チームはスタートした。
この大会で、ゲームメーカーの竹中が、はく離骨折。彼のチーム離脱が、最大の誤算。
これから始まり、5人の選手がチームを去る。合計6名の選手を入れ替えてのチーム作り。
しかし、何の問題もなく、チームの強化は図れた。そして、全日本の予選。
当然、優勝できるチームとして大会に臨み、予想通りの強さを発揮して決勝トーナメントへ。
優勝に手が届くところまで来ていたが、エースストライカーの、肉離れ。
それでも、勝つ自信はあったが・・・。

全国大会出場という夢は逃がしたが、敗戦の中で選手は大きな成長を見せてくれた。
大人のエゴで、チーム崩壊の危機に面したが、そんな中でも子供たちの心は
大人以上の強さを見せてくれた。
最後までやりきり、そして今も、兵庫FCの看板を背負って頑張ってくれている選手に
感謝したい。秋には、最強のチームとして、兵庫県大会に臨みたい。



◇ 5年生  三枝 虎太郎君
  神戸新聞掲載 2014年5月17日(土)


◇ 第38回全日本少年サッカー大会
  東播地区予選優勝
  

◇ 2014年 関西チビリンピック 4年 優勝
   5月の全国大会出場が決まりました。
   試合結果
   テレビ放映が決まりました。
   5月24日(土) BS朝日  14:00〜14:55

◇  訃報 明石市立の野池中学校
  藤本憲幸 先生がお亡くなりになりました。

  
ご冥福をお祈りします。兵庫トレセンの中学担当者で多くの先輩が
  お世話になりました。また、私と兵庫教員蹴球団でともにプレーした
  チームメイトです。
  お通夜: 1月23日(木)大久保大和会館
 18時より
  告別式: 1月24日(金)大久保大和会館 10時30分より

◇ Jrユース2014年度募集要項 
1〜2月日程

◇ デフリンピック サッカー日本代表監督  
     中山 剛君  激励会


◇ 第46回兵庫県少年サッカー大会
  6年 準優勝            4年優勝

  兵庫FCA 2−1 フレスカ神戸    兵庫FC 4−0 江井ヶ島イレブン
  兵庫FCA 0−0 芦屋SC       兵庫FC 5−0 エストレラ津田
  兵庫FCA 4−0 ボアソルチ     兵庫FC 3−0 ウッディーSC
  兵庫FCA 2−3 西宮SC       兵庫FC 2−1 西宮SS

 
6年生は、12月14日〜15日に行われる関西大会に出場します。
 4年生は、兵庫県代表として、関西チビリンピックに出場します。


◇ プルトップが車いすに変わった!!!
   子どもたちの飲み終わった空き缶からプルトップを外し、
   コツコツためた。 
     「プルトップが、ドラム缶いっぱいになったら車いすに変わる。」
   そんな話を聞いてから、ボーイズの選手・保護者、播磨光都Gに集うサッカー仲間
   みんなが協力して、プルトップを集めていました。
   ついに、車いすが来ました。
   感激です。
   

◇ 第46回兵庫県少年サッカー大会東播地区予選
  6年 Aチーム優勝   Bチーム3位   4年優勝
  6年    9月7日〜8日               
  
兵庫FCA 12−0 アミティエ
  兵庫FCA 15−0 陵北少年SC
  兵庫FCA 6−0 播磨SC
  兵庫FCA 3−0 兵庫FCB
  兵庫FCA 6−1 加古川神野SC

  4年    8月17日〜18日
  
兵庫FC 12−0 播磨SC
  兵庫FC  4−0 志方少年SC
  兵庫FC  3−0 加古川神野SC
  兵庫FC  3−0 平岡北SC
  兵庫FC  7−1 パルセイロ稲美

◇ 第23回バーモントカップ兵庫県大会東播地区予選
   優勝 兵庫FC A   準優勝 兵庫FC B

   
1次リーグ
   兵庫FC A 6−0 平岡北SCアヤックス
   兵庫FC A 6−0 荒井FC サンク
   兵庫FC A 6−0 播磨SC A
   兵庫FC B 3−0 米田少年SC 6f
   兵庫FC B 5−1 SCクリボーネ B
   兵庫FC B 15−0 アミティエ東播磨B
   決勝トーナメント
   兵庫FC A 6−0 加古川たんぽぽSC アズーリ
      兵庫FC A 5−0 SCクリボーネA
         兵庫FC A 2−1 加古川神野LOVE
   
決勝         兵庫FC A 7−2 兵庫FC B
         兵庫FC B 1−0 加古川神野PEACE
      兵庫FC B    高砂レッドスター
   兵庫FC B 5−2 平岡北SC A

◇ 第37回全日本少年サッカー大会
   結果報告とお礼
   
1次ラウンド 
    兵庫FC 2−0 サガン鳥栖(佐賀県代表)
    兵庫FC 1−3 横浜マリノス(神奈川県代表)
    兵庫FC 11−0 テイヘンズFC(石川県代表)
    2次ラウンド
    兵庫FC 1−1 レジスタFC(埼玉県代表)
    兵庫FC 3−0 長岡JYFC(新潟県代表)
    決勝トーナメント
    兵庫FC 0−4 名古屋グランパス(愛知県代表)
   たくさんの応援ありがとうございました。
   

◇ 第37回全日本少年サッカー大会
  兵庫県大会  2年ぶり7回目の優勝
 
試合記録は試合速報をご覧ください。


三木防災公園G

◇ 第37回全日本少年サッカー大会
 東播地区予選 Aチーム優勝
 
試合記録は試合速報をご覧ください。
 
 Bチーム3位
 

◇ 第19回関西少年サッカー大会
   関西大会  4年生 準優勝

       2年連続の準優勝でした。
   
   
2013年3月16日(土)〜17日(日) 滋賀ビッグレイク
    予選リーグ
    兵庫FC 9−0 BOBSAN’S(滋賀県)
    兵庫FC 2−0 吹田クラブ(大阪)
    決勝トーナメント
    兵庫FC 4−0 スクデッド(奈良)
    兵庫FC 5−0 金城FC
    兵庫FC 0−1 SSクリエイト


◇  第19回関西少年サッカー大会
   兵庫県大会  5年生 優勝
   

   2013年3月2日〜3日 西宮浜人工芝G
    1回戦 兵庫FC 6−0 エレメンツ尼崎
    2回戦 兵庫FC 2−0 龍野JSC
    準決勝 兵庫FC 2−0 西宮SC
    決勝  兵庫FC 2−0 ヴィッセル神戸
   昨年3月末の関西チビリンピック以来の、ビッグな公式戦。
   緊張感に包まれ実力を発揮しきれない状況で、失点0 はとても立派。
   この学年の特徴が良く出ていた試合内容であった。
   4年生の関西大会は、準優勝。
   5年生の関西大会は、優勝を意識して戦いたいと思います。
   4.5年生のそして多くの保護者の皆様、
   応援ありがとうございます。
   

◇ 第5回井原正巳杯
   横浜Fマリノスに、PK負け!
   
兵庫FC 1−1 横浜マリノス   PK 3−4
   前半6分、左サイドから強烈なシュートで先制を許す。
   しかし、13分、ワンツウーから中央突破でゴール。
   後半は互いに良さを出し合い、好ゲーム。
   PK戦4人目で、アウト。6年生最後のBIGゲーム。
   いい思い出になったことだろう。
   


◇ 東播リーグ  決勝トーナメント
   6年生以下の部  優勝
   
2月16日(土)
    決勝 兵庫FC 1−0 神野  準決勝  兵庫FC 7−0 アミティエ
    2月23日(土)には4年生の部が行われます。
    1年かけて行われてきた東播リーグ。
    1年の成長を確かめる、ことの出来る日でしょう。
    

◇  会員の皆様・少年サッカーチーム選手・指導者の皆様
  2012年 お世話になりました!
  ありがとうございました。
  
2012年もあと少しで終わります。兵庫FCの活動もすべて終わりました。
  合宿最終日は、光都Gが降雪のため、やむなく練習を中止にしました。
  心残りですが、バス移動の安全のための対応です。ご理解ください。
  ボーイズ会員一人一人の成長・スクール会員のレベルアップ。
  できる限りの努力はしたつもりですが、まだまだ力不足です。
  来年度は今年以上に頑張ります。
  また、全国各地で活躍している、多くのチームと交流を持てました。
  ずいぶん学ぶことが多く、とてもありがたかったです。
  今後ともご指導ください。また、共に頑張ることができればと思っています。
  来年度もよろしくお願いします。

◇ 第2回兵庫県U−10フットサル大会
   4年生  優勝
  
すべての試合結果は、試合速報スポーツオラインで見ることができます。
  フットサルの練習を全くしていなかったことが、苦戦の原因となってしまいましたが、
  子どもたちの個人技に助けられました。素晴らしい子どもたちです。おめでとう!

◇ 第45回兵庫県少年サッカー大会
  4年生 優勝     6年生 3位
 
神鍋高原、で行われた兵庫県大会では、上記の成績でした。
 6年生は、12月8日〜9日に行われる関西大会に出場します。
 4年生は、来年3月に行われる関西チビリンピックに出場します。
 関西チビリンピックは、5月行われる全国大会の予選にもなっています。
 「関西大会の出場資格を得る。」という第一目標を達成しましたが、
 6年生は、試合内容に満足していないでしょう。
 いつも満足のいく試合はできないでしょうが、
 いつも通り、頑張ってもらいたいものです。

◇ JFAアカデミー 合格おめでとう
   
玉岡 勇人君  井上 正崇君2名の選手が合格しました。
  現在、前田君・西川君(高校2年生)
      高森君(高校1年生)
      田中君(中学1年生)
  と、4名の兵庫FC出身選手がアカデミーで頑張っています。
  先輩に負けないよう、頑張り続けてほしいと思っています。


◇ フットサル兵庫県大会 3位
 
1次リーグ・2次リーグと順調に勝利を重ね準決勝まで進んだが、
残念ながら力を出せずに終わった。
 大きな原因の一つが、先取点をあげたが認められなかったこと。
 東田のバックヘッドがゴールをゆらしたのになぜ?
 精神的なショックが選手を狂わせたのは確か。
 精神的な弱さを克服できない指導力のなさを感じる。

 1点取るごとにムードが上がるチームがうらやましい。

 「点を取って大喜びするな。」そう指導してきたことが悪いのかもしれない。
 大量失点にうなだれる対戦相手の子どものことを考えると、
そんな子どもたちの横で喜べない。PKで負けたチームの横で、
大喜びできない。
 優勝するまで、感情的になることを極力おさえるよう指導されてきた子どもたちは、
点を取る度に、勝利する度に喜ぶことはない。

 そんな兵庫FCの指導が、元気のない子どもたちにしたのかもしれない。

 敗因を考えると、いろいろ思い浮かぶが、これもすべて今後の成長の糧。
 負けたことを次のステップに生かしてほしい。

 全日本少年サッカー大会4連覇を目指してきたことがすべてのプレッシャなのだろう。
 回りも簡単には勝たせてくれない。
この苦しみが、兵庫FCというチームをさらに強くしてくれるだろう。
 今までにも、苦しみに立ち向かった後に快進撃が始まってきた歴史がある。
兵庫FCの選手・スタッフは、この現実からさらに成長すると信じている。



◇ U−11 津田カップ  優勝
 
16チームによるトーナメント戦。気の抜けない試合が続いた。
 猛暑の中、最後まで戦い続けることのできた選手は、少なかった。
 基本的なことができていないため、状況判断が悪く、
 そのためにミスが起こる。
 状況判断が悪いため、何をするか決断できず、精神的に不安定な状態で、
 プレーしている。
 練習ではできているのに、試合ではできない。
 指導者と選手、両方の課題であるような気がする。
 自分自身を見直す努力をしたい。

◇ 第1回ファイティン インターナショナル サッカー大会
 
8チームで争う韓国招待のチケット。
7月21日〜25日の韓国で行われる少年の世界大会への参加。
決勝 セレッソ大阪 2−1 川崎フロンターレ
 圧倒的な強さを発揮した、セレッソ大阪。
 世界大会での活躍を期待したい。
3位決定戦 兵庫FC 1−1 ヴィッセル神戸
            PK2−1
5位決定戦 シンタブ 1−0 ガンバ大阪
7位決定戦 徳島トレセン 1−1 フレスカ神戸
 
Aブロック ヴィッセル神戸 セレッソ大阪 シンダブ初等学校 徳島県トレセン
ヴィッセル神戸 1−5 3−1 5−2
セレッソ大阪 5−1 2− 3−0
シンダブ初等学校 1−3 0−2 8−0
徳島県トレセン 2−5 0−3 0−8

Bブロック 川崎フロンターレ 兵庫FC ガンバ大阪 フレスカ神戸
川崎フロンターレ 3−2 2−2 2−1
兵庫FC 2−3 2−0 7−0
ガンバ大阪 2−2 0−2 3−2
フレスカ神戸 1−2 0−7 2−3

◇ 第36回全日本少年サッカー大会
 兵庫県大会 4連覇を逃がす
 
1回戦 兵庫FC 3−1 龍野JSC
 2回戦 兵庫FC 3−0 三樹平田SC
 準決勝 兵庫FC 1−2 西宮SS

 たくさんの応援ありがとうございます。
 これが今年の実力でしょう。 また、一からやり直します。

この敗戦が、チームの成長につながるようにしなければ・・・。
5年生・4年生が新しい歴史を作ってくれることを願っています。

東播地区予選
1次リーグ2次リーグ の結果

決勝トーナメント日程

◇  第36回全日本少年サッカー大会兵庫県大会

   
出場権確保
   
5月13日(日)2次リーグ結果
   兵庫FC B 5−2 米田SC
   兵庫FC B 2−1 パルセイロ稲美
   兵庫FC A 8−0 陵北FC
   兵庫FC A 11−0 播磨SC

   
決勝トーナメント準決勝は、兵庫A・Bの試合となりました。
   勝者が県大会出場権を獲得します。


★ 
大分JoyfullCup 西日本大会  6年生優勝
  
九州の強豪が集まる西日本大会で初優勝。
  そして、兵庫FCらしく、ハーフタイムで総入れ替え。
  すべての選手の力を結集しての優勝。
  苦しい試合をものにした決勝戦。
  選手の大きな自信になることでしょう。

★ 第18回関西少年サッカー大会(5年生大会)  ベスト4
   
3月24日〜26日 最高のライバル
   ディアブロッサ高田にまたしても敗戦。
   技術は高いが、戦えない5年生の欠点が・・・。
   たくさんの応援をいただいたが、期待に答える気持ちは感じられなかった。
   情けない試合の連続。
   4年連続の全国大会出場は期待できないチームです。
   4年生を数人入れれば、変わるかも・・・。

★ 関西チビリンピック(4年生大会)  準優勝
  
3月17日〜18日 奈良フットボールセンターで行われた、
  4年生の関西チビリンピック。
   兵庫FCボーイズは、惜しくも準優勝に終わりました。
   たくさんの声援ありがとうございました。


★ 第18回関西少年サッカー大会
   兵庫県大会 5年生 準優勝
   
詳細は、ボーイズ試合記録へ!
   
決勝 0−1 ヴィッセル神戸   

★ 
第7回加古川ライオンズ杯 優勝
   4年生2チームが出場し、決勝で対戦。
   
3−1 でAチームが優勝しましたが、Bチームの頑張りはとても立派でした。
★ 6年生 田中 聖也君

JFAアカデミーに合格しました。
身長 138cm・体重31kgの小さな選手ですが、頑張ったね!
JFAアカデミー:日本サッカー協会が、全国から選抜した15名の選手を英才教育するシステム。


第35回全日本少年サッカー大会

試合結果報告
 2011年度 寄付金一覧表
 寄付金使用明細
ご支援ご協力ありがとうございました。
  2次リーグ 川崎フロンターレに敗れましたが、
 チームとして特別賞をいただきました。


7月3日(日) U−10フットサル東播大会
  
 ボーイズ4年Aチーム優勝・4年Bチーム準優勝
 試合結果

◇  広島ローザスセレソン 『全日本少年サッカー大会出場』
  6月19日(日) ローザス 2−0 サンフレッチェ広島
 いつも交流しているチームです。優勝おめでとう!
 一緒に全国大会に行き、大暴れしましょう。

◇ 第35回全日本少年サッカー大会 兵庫県大会
3連覇 6度目の全国大会出場


8月1日〜6日
静岡県で行われる全国大会に出場します。
寄付金等のご協力をお願いします。
詳細につきましては、後日、ご連絡します。

兵庫FC Jrユースの選手
卒業生の保護者の皆様
OBの諸君
5年生以下のボーイズの選手、その保護者の皆様
たくさんの応援ありがとうございます。


◇ 第35回全日本少年サッカー大会
東播地区予選 優勝

全国大会 3年連続出場を目指して、県大会出場を決めました。

◇ 兵庫FC ボーイズ出身選手  が日本代表候補に!
中学3年生年代の日本代表
ボーイズからJFAアカデミーにいった、高森 君
同じくヴィッセル神戸に行った、山口君
セレッソ大阪に行った阪本君
このまま順調に成長し、日の丸をつけてもらいたい。

◇ 梶川 諒太君(現、関西学院大4回) Jリーガへ!

第25回全日本少年サッカー大会で活躍し、日本選抜チームの一員として
横浜スタジアムの国際大会に出場。その彼が、10年後の今年、
プロ契約しました。
まだ正式発表が済んでいないため、チーム名は公表できません。


2011 フジパンカップ
関西少年サッカー大会 5年生大会  ベスト4
準決勝 高田FCに0−2の完敗。
もっともっと個人技のレベルを上げなければ、
高田FCには勝てない。


2011 JAチビリンピック
◇ 関西大会 4年生大会  ベスト4
準決勝 大阪セントラルに1:2で敗れました。
おたふく風邪にやられてしまいました。
1週間前の丸亀遠征が失敗。やっぱり1週間前は動いてはいけない。


2011年3月5日〜6日
◇ 第17回関西少年サッカー大会兵庫県大会  優勝
試合結果




2011年 2月5日(土) 姫路球スポ
第13回兵庫県中学校U−13選手権大会

◇ 20011年1月8日(土)〜9日(日)
第13回東播地区中学選手権 



◇ 第17回関西小学生サッカー大会
2011年1月15日(土)〜16日(日)日岡山G
5年生の部 試合結果


◇ 第43回 兵庫県少年サッカー大会 
2010年11月14日(日) 三木防災公園G
4年生の部 優勝
決勝トーナメント

6年生 初戦敗退

◇ 第20回 全日本少年フットサル大会
2010年10月24日(日) 三田市駒ケ谷公園体育館
兵庫県予選
兵庫FC Aチーム 優勝
予選リーグ2次リーグ&決勝トーナメント


◇ 第43回兵庫県少年サッカー大会
2010年 9月14日(日)
◇ 6年生の部 優勝
大会記録は下記アドレスへ!
43th-boys-6nen-kenyosen.pdf へのリンク


◇ 4年生の部 優勝
大会記録は下記アドレスへ!
43th-boys-4nen-kenyosen.pdf へのリンク



◇ 第20回 全日本少年フットサル大会
2010年9月7日(日)
東播地区予選
◇ 兵庫FC Aチーム 優勝
大会記録は下記アドレスへ!
20th-alljapanboysfutsal-toban-2nd&final.pdf へのリンク



◇ 第34回全日本少年サッカー大会 大会報告



 ◇ 2010/06/12 第34回全日本少年サッカー大会 
兵庫県大会 優勝




 2010/05/30 6年 山本杯 優勝

2010/5/30 4年 猪名川招待大会 優勝

2010/05/22 第34回全日本少年サッカー大会 東播地区予選優勝 
兵庫県予選は、6月12h(土)〜13日(日) 西宮浜総合公園人工芝G

◇ 高森 大夢 ついに日の丸ユニホーム

 ◇ 2008年4月 JFAアカデミー 2名合格 
   
 ◇ フェアープレーについて  3月11日UP

 ◇ 2008年1月 バーモントカップ全日本少年フットサル大会
   ベストプレーヤー賞 田坂 優貴君